2016年09月06日

人にやさしく

長文です。

ただ思いついたこと、思ってたことをぐだぐだと書いていくのです。


人との付き合い方が分からなくなりました。
あたりさわりのない関係で過ごすのは楽だけど、いつも一人になってしまう。
踏み込み方が分からない。


6月から恋人と同棲というシチュエーションにするために
部屋を借りて生活に必要なものも買いそろえて
わずか3か月足らずで別れることになりました。
なんなんでしょうか。
人に対する優しさのふりまきかたが分かりません。


優しいつもりが全部自分中心だったのかもしれません。
それでも、それでも一緒に暮らすことを選んだのなら
時間をかけて寄り添っていくものじゃないのでしょうか。
生理的に無理とかそういう問題じゃないのではないでしょうか。
無理なところをお互い協力していくどうにかしていくものじゃないのでしょうか。
わからないわからない。



ま、とやかく言っても仕方ないっすね〜。
実家に居るのが苦痛そうだから連れ出してあげようと
かなり急ピッチで家を探して借りて
家具家電を買いそろえてからこれだ。
半端な覚悟で同棲に臨むのは勘弁してほしい。
それなら提案した時点でキックしてほしかった。

一応、後戻りはできない(=結婚までする)つもりで
臨んでた身としては何だこれ?って感じ。
今思えば、いつまでも引っ越しで運んできた荷物を段ボールから
全部ばらさなかった時点で腰が引けてると判断できたのかもしれないですね。


仕事が見つからないことがコンプレックスだって言うけれど。
碌に仕事を探したことがない人には分からないでしょと言うけれど。
それが自分の実力なのだから仕方ないでしょうよ。


はれぐぅの中の人は確かに所謂就職活動で苦労はしてないです。
就職云々の前に高卒直後にフリーター→引きこもり→ニートで
苦しんでたんですけどそれは置いといて。
就職活動はもちろん大変だと思うんですけど、わざわざみんながみんな同じ土俵に
上がる必要はないと思うんですよね。
最初に正社員で入った会社は経理の専門学校からの推薦によるものです。
数十年にわたるコネがそこにあるのに利用しない手はないでしょ。
でも、推薦を得るために何も努力してないわけじゃないですしね。
ニートあがりながらそこそこ優秀に努めてましたし、
とある大会で全国大会に出場して学校の名をちょびっと宣伝したり。

推薦で入っておきながら2年で退職しちゃってますけど。
多分あのまま勤めて続けたとしても今でも手取で20万も超えてないと思う。
そういう給与形態だったし、そういう評価の仕方だった。
何より大卒とそれ以外の差が大きすぎた。やってられん。

じゃあ次に入った会社は苦労したのか、って言われたらやっぱ苦労してないのかな。
専門学校のときの同級生の会社からの誘いを受けたのです。
誘いを受けるってことはそれだけの評価をされていたわけですやん。
何も努力せずに良くなったわけじゃない。
最初は苦労してないけど、後に一族の追い出しという苦境に遭遇しましたけどね。
それは散々愚痴って過去記事にちらほら書いたので省略。



話がそれちゃったんですけど、頑張るポイントがズレてるんじゃないかと思う。
今、上手くいかないのは頑張るポイントがズレてるからだろうと思う。
それなのにそれを理由に仕事のことを話したくない、といって何も話さないのは
ただ自分が傷つきたくない安いプライドを守ってるだけじゃないのか。
ということはさすがに面と向かって言わなかった。
でも、きっとこの先も何か上手くいかないと感じて生きるんじゃないかなぁと思う。
探すことに力を入れるんじゃなくて、仕事をしてる間にスキルを磨くとか
いろんな交友を広げるとか、そういう部分に力を入れるべきだと思う。
そういえばブログには書いてないですけど、この前FP2級ちゃんと受かりました。



ああ、なんだかほんとに脈絡のない文になって読み返す気力もないや。
今日はこの辺で。
ひとまず同棲解消で独り身に戻ります。
ダブルベッドをソロで使う日がもうすぐ始まるのだ。
3DKに一人で暮らすのだ。

一応、快く送り出すつもりですし、この前本気でぶつかりあったかのような
ケンカをかわしたあとに笑いあったのであちらも後腐れはないはず。
そのまま笑ったまま出ていってくれ。
posted by はれぐぅ at 21:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: